【くびれを作れ!】ベイザー脂肪吸引のお腹・腰の症例&経過まとめ

【くびれを作れ!】ベイザー脂肪吸引のお腹・腰の症例&経過まとめ

こんにちは、RIOです。

お腹周りの脂肪の悩みは、女性なら1度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

元々女性は体質的にお腹周りに脂肪がつきやすくなっています。

そうはいっても、ぺたんこのお腹や細いウエストにはどうしても憧れを抱くものです。

特にウエストがきゅっと締まっている人を見ると、

「いいなあ…」

とついつい目で追ってしまいますよね。

今回はお腹や腰の脂肪吸引を考えている方に、症例写真を交えて経過を紹介していきたいと思います(^▽^)


※上記のツイートで予告していた記事です♪

術後1週間の経過写真

脂肪吸引から1週間が経過したお腹の状態はどんな感じなんでしょうか。

お腹は脂肪を吸引する範囲が広いため、ダウンタイムが辛いと聞きますが、実際のところどうなんでしょう?

【モッズクリニック院長 長野寛史オフィシャルブログ】

術後1週間の経過写真

出典元:https://www.mods-clinic.com/blog/detail.php?id=592

【脂肪吸引みーさんぶろぐ整形】

術後1週間の経過写真

出典元:https://www.dclog.jp/en/8368688/568704274

内出血が比較的少ないですね!

しかし、まだ術後1週間なので全体的にむくみがある感じがします。

これからどんどん皮膚が引き締まっていくので、仕上がりが楽しみですね☺

術後2週間の経過写真

術後1週間からさらに1週間経過したお腹の状態はどうなんでしょうか。

術後2週間が経つと内出血が目立たなくなってくる頃だと言われています。

【脂肪吸引みーさんぶろぐ整形】

術後2週間の経過写真

出典元:https://www.dclog.jp/en/8368688/568704274

内出血が目立ちませんね!

光の加減で治りかけの黄色い内出血が見えにくくなっているのかもしれませんが、この程度ならもう内出血の心配はしなくて良さそうです。

術後1ヶ月の経過写真

1ヶ月が経過すると、ダウンタイム期間中に起こるほとんどの症状(痛み・内出血・拘縮・腫れ)が改善されていくとされています。

しかし拘縮だけは、大体術後3ヶ月間ほどかけて徐々に良くなっていくため、この段階ではまだ皮膚のボコボコは目立つのでしょうか?

【Yucoの脂肪吸引 二の腕~背中~お腹】

術後1ヶ月の経過写真

出典元:https://ameblo.jp/0924yuco/entry-12338444680.html

【ルーチェ東京美容クリニック美容治療症例ブログ】

術後1ヶ月の経過写真

出典元:http://drluce.hatenablog.com/entry/2017/08/20/050000

内出血やむくみは全く目立ちませんね!

皮膚も引き締まってきて、ようやく効果を感じられるようになってくる時期です。

術後2ヶ月の経過写真

術後2ヶ月が経過する頃は、拘縮が厄介な時期になります。

きちんと身体を温めてむくみを溜めずに、マッサージを欠かさないようにしましょう。

【チャコの整形ブログ+母】

術後2ヶ月の経過写真

出典元:http://chako2007.blog114.fc2.com/blog-category-4.html

【二の腕、お腹 脂肪吸引 ブログ】

術後2ヶ月の経過写真

出典元:https://ameblo.jp/tmsa2018akichan/entry-12406990931.html

内出血、むくみ共に全く無いですね。

ウエストがきゅっと引き締まっていて、今まで着ることを躊躇っていた身体にフィットする洋服も気兼ねなく着ることが出来るのではないでしょうか(^▽^)

術後3ヶ月の経過写真

脂肪吸引から3ヶ月が経過すると、ほとんど完成と言っていいでしょう。

中には拘縮が治るまで半年かかる人もいますが、それでも大体の人は3ヶ月で緩和されていき、気にならない程度になります。

【聖心美容クリニック 名古屋院】

術後3ヶ月の経過写真

出典元:https://www.nagoyain.com/case/liposuction/120cm/

【脂肪吸引でコンプレックス脱却~THE CLINIC、ジョウクリニック~】

術後3ヶ月の経過写真

出典元:https://ameblo.jp/hirayakurashi/entry-12449696146.html

術前から比べるとすごい変化ですね!

大幅なサイズダウンに成功しています。

実際に何センチ細くなったのか知りたいですね!

目で見て分かるほどのサイズダウンなので、実際はかなり細くなっていると思います。

まるで別人のようなお腹周りになっています。

お腹・腰の脂肪吸引の特徴

お腹や腰の脂肪吸引は広範囲の施術になるため、ダウンタイムに現れる症状も顔などの狭い範囲の施術と比べると、痛みや内出血がひどくなるとされています。

また、お腹は普段使っていないようで使っている部位なので、術後すぐは朝起きて起き上がるだけでも痛くて辛いといった声を耳にすることがあります。

その他、ただ歩いたり物を取るだけでも腹筋を使うので、痛みが気になる部位です。

お腹・腰のベイザー脂肪吸引後に現れる症状

お腹・腰のベイザー脂肪吸引後にはどんな症状が現れるのでしょうか。

脂肪吸引はどの部位でも起こる症状は同じみたいです。

内出血

内出血は脂肪吸引後に必ず現れる症状です。

脂肪を吸引する際、線維組織や血管に少なからずダメージを与えてしまうため出血を起こします。

範囲が広いほど内出血がひどく出るため、お腹の場合も例外ではありません。

内出血は術後2週間が経過すると、徐々に目立たなくなっていきます。

痛み

痛みのピークは術後3日間とされていて、それが過ぎると少しずつ痛みが引いていきます。

しかし、痛みの感じ方には個人差があるため、中には処方された痛み止めが足りなくなる人もいます。

痛みは強い筋肉痛に似ていると言われています。

術後2週間が経つ頃には痛みはほとんどなくなっています。

むくみ

脂肪吸引後の身体は血液の循環が悪くなり、リンパ管のリンパ液が滞ることから、身体が非常にむくみやすくなります。

むくみを和らげたい場合は圧迫固定をすると、固定されていることで、むくみを感じにくくなり楽になると言う人も多いです。

むくみは術後2週間が経過すると、ほとんど無くなります。

拘縮

取り除いた脂肪の部分が空洞になり、そこにコラーゲンが増殖されることで起こる症状です。

主に患部がつっぱったり、皮膚がボコボコした状態になります。

拘縮は術後3ヶ月続くとされていて、この間はツッパリ感やボコボコした皮膚を緩和させるため、マッサージを行うことが大切です。

長い人で治るのに半年かかる人もいます。

ビフォーアフター症例写真

気になるのはやっぱり「完成形」ですよね☺

以下の症例写真は脂肪吸引から半年が経過した人たちの症例写真になります。

「完成したらこんな感じになるんだ」

と、参考になれば幸いです♪

【モッズクリニック院長 長野寛史オフィシャルブログ】

ビフォーアフター症例写真

出典元:https://www.mods-clinic.com/blog/detail.php?id=12543

【モッズクリニック院長 長野寛史オフィシャルブログ】

ビフォーアフター症例写真

出典元:https://www.mods-clinic.com/blog/detail.php?id=10977

2枚とも、明らかにサイズダウンしているのが分かりますね!

術前に比べてウエストにくびれが出来ているのが分かります。

自力ではなかなかこんなに細くなるのは難しいので、やはりピンポイントで脂肪を減らしたいなら脂肪吸引がオススメです♪

ご本人も納得のいく仕上がりになったのではないでしょうか。

どれくらいで普段通りの生活に戻れる?

お腹や腰の脂肪吸引の場合、どのくらいで普段通りの生活に戻ることができるのでしょうか?

上記でも少し触れましたが、お腹と腰というのは普段使っていないようで使っている部位なので、吸引する脂肪の量が多いのもあって、痛みが気にならなくなるまでに1週間はかかります。

全く動けないというわけではないですが、術後1週間は痛みと共に生活することになります。

どうしても痛みが耐えられないという方は無理をせずに痛み止めを飲みましょう。

その方が精神的にも楽に過ごすことが出来ます。

薬を飲むことに抵抗がある方でも、我慢することは良くないので、特に痛みを感じる時だけ飲むなど、痛み止めの服用方法は各々工夫しましょう(´▽`)

クリニックによっては翌日から学校・仕事復帰が可能

お腹や腰は広範囲な部位なので、術後のダウンタイムも比較的辛いとされています。

ですが、クリニックによっては軽くて短いダウンタイムの実現を成功しているところもあります。

それは脂肪吸引を専門に行っているクリニックです。

脂肪吸引だけに特化しているクリニックというのは「脂肪吸引施術」というものを熟知しているため、スタッフの方も患者さんの悩みや不安な気持ちを汲み取り、親身に接してくれます。

そのため、患者さんが脂肪吸引後のダウンタイムをなるべく軽く、楽に過ごしてほしいという気持ちから、術後の症状を軽くするさまざまな工夫をしています。

そして何より、脂肪吸引を専門にしているということは、毎日のように脂肪吸引を行っているということになり、必然的にドクターは技術力が向上していきます。

脂肪吸引はドクターの技術力によって仕上がりに大きな差が出るものなので、綺麗な仕上がりにしたい方や、ダウンタイムを軽くしたい方は脂肪吸引を専門に行っているクリニックをオススメします。

お腹・腰はダウンタイムが辛い部位

脂肪吸引は基本的に吸引する面積が大きければ大きいほど、ダウンタイムも比例して辛くなります。

ですので、お腹・腰も吸引する脂肪の量が多いため、ダウンタイムが辛いと言われています。

むくみや腫れ、内出血はもちろん、何よりお腹や腰の場合は痛みがひどくなることが多いです。

服を着てしまえば圧迫固定も内出血も見えないので、誰にもバレることはありませんが、普段通りの動作が出来るようになるまで、日常生活で不便な思いをすることもあるでしょう。

高いところにある物を取ったり、歩くだけでもお腹に振動が伝わって痛みを感じます。

回復を早めるためにも、なるべく圧迫固定をするように徹底したり、術後3週間を過ぎたら拘縮の部分をマッサージするなどしてアフターケアを行いましょう。

しっかり栄養のある食事をし、休息をして、いつも以上に自分の身体をいたわることによって回復を早めることができます😊

憧れのくびれを手に入れる

憧れのメリハリボディを手に入れたら何がしたいですか?

女性の場合はやはりファッションを楽しみたい!という方が多いと思います。

特に今までは身体のラインが出るようなものを避けていた人はとことんタイトなワンピースを着たり、ミニ丈のトップスを着てあえて美しいウエストが見える服装をしてもいいかもしれません✨

なにより、洋服を買う時に着こなせない服がないというのはとても嬉しいことです。

SサイズやXSのボトムスでもウエストの部分に余裕があると、本当に優越感に浸れますよ(笑)

ウエストがきゅっと引き締まっているだけで女性らしさが出ますし、やはりくびれがあって嫌なことは1つも思い当たりません。

ウエストのラインが出る服を着ると、周りの人からも「細いねえ」と賞賛されることが多くなります。

美しいくびれは女性らしさの象徴ですからね♪😉

まとめ

お腹・腰の脂肪吸引後の経過を症例写真と一緒に見てきました。

やはり、実際に症例写真を見た方が、術後どんな感じで完成まで近づいていくのかがよく分かっていいですね。

症例写真で紹介したみなさん、術前と比べてかなり大きな変化がありましたね👀

明らかにサイズダウンしているのが分かるものばかりで、脂肪吸引して良かったと思っていることでしょう😌

RIO
憧れのくびれを目指して、お腹と腰の脂肪吸引を検討されている方の参考になれれば幸いです♪

施術結果重視の人向けのおすすめクリニック

  • モッズクリニック ※症例数がとにかく多くてブログで毎日公開。結果も確かでベスト症例だけ紹介していない感じがリアルで信頼できる。
  • THE CLINIC ※技術指導クリニックだけあってしっかりとケアしてくれる。術後の心配や相談などにも丁寧に対応してくれる印象。
  • 湘南美容クリニック ※知名度抜群。全国にクリニック拠点あり。それだけに脂肪吸引の症例数も多い。特に竹田先生の症例の変化はすごい。
【くびれを作れ!】ベイザー脂肪吸引のお腹・腰の症例&経過まとめ
最新情報をチェックしよう!