脂肪吸引で起きた死亡事故とは?実態を調査しました。

脂肪吸引で起きた死亡事故とは?実態を調査しました。

こんにちは、RIOです。

以前、このようなツイートをしました。

脂肪吸引を検討中の方の中には「脂肪吸引は危険な手術だからちょっと怖いなあ…」と、施術を懸念されている方もいると思います。

確かに、脂肪吸引での死亡事故はありましたし、そういったニュースを目の当たりにしてしまうと、施術を受けるのをためらってしまう気持ちはよく分かります。

今回は脂肪吸引で起きた死亡事故とはどういったものだったのか、そしてどうすれば事故を防ぐことができるのかを紹介していきます。

どうして脂肪吸引で死亡事故が起こるの?

どうして脂肪吸引で死亡事故が起こるの?

そもそもどうして、脂肪吸引で死亡事故が起こってしまうのでしょうか?

まずは、脂肪吸引で死亡事故が起こる原因を見ていきましょう。

腸管損傷による腹膜炎が原因

脂肪吸引による死亡事故のほとんどは、腸管損傷による腹膜炎や脂肪塞栓が原因とされています。

腹膜炎を起こす原因は、虫垂炎や帝王切開などの腹部手術の経験のある方が多いです。
そういった経験のある方が腹部脂肪吸引の際に、手術痕付近の吸引を行い、腸管を傷つけてしまうことで腹膜炎を発症してしまいます。

脂肪塞栓が原因

脂肪塞栓は、一度に多くの脂肪を吸引することで多くの血管を傷つけるため、血管に入った脂肪が肺に流れてしまい、呼吸不全を起こし、死に至るケースです。

リドカインの毒性や薬物相互作用が原因

一般的な脂肪吸引施術は、リドカインという局所麻酔を含んだ溶液を皮下に注入した後、カニューレと呼ばれる長細い棒状のものを患部に挿入し、皮下脂肪を吸引していきます。

1993~1998年のニューヨーク市の首席医学検査官事務所に報告された48,527人の死亡者のうち、過剰な脂肪吸引術後に死亡した人は5人でした。

この5人の患者は、リドカインの他、麻酔導入薬や鎮静薬のミダゾラムが投与されることによって、手術中に急激な血圧低下と徐脈によって死亡しています。

この5人の死亡の原因の1つは、リドカインの毒性やリドカインに関連した薬物相互作用が死亡に関係しているとされています。

wezzy|ウェジー

 頬、脹脛(ふくらはぎ)、太腿、尻、腹についた皮下脂肪を取りたい!体型にコンプレックスを感じ、不満を募らせている人は、古…

アフターケアがきちんとできていない

平成21年12月、脂肪吸引施術を行った70代の女性が死亡しました。
この女性は術後4日目に自宅で死亡しているところを発見されました。

原因は脂肪吸引の際に腸管に穴が空いてしまったことのようです。

この女性は、施術直後から「お腹が痛い」と訴え、黒色の嘔吐をするなどの体調不良が続き、クリニックに問い合わせたところ、「2日後に来てください」と対応されました。

その2日後はちょうど術後の経過観察の日だったそうです。

もしも、もっと早い段階でクリニックが適切な処置をしていたら、防ぐことができた事故かもしれません。

このように、クリニックのアフターケアがきちんとしていない場合でも、死亡事故が起こる可能性はあります。

日本経済新聞

東京都豊島区の品川美容外科池袋院で2009年、脂肪吸引手術を受けた女性が死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた医師、…

脂肪吸引の死亡事故はドクターの技術力の無さで起こる

脂肪吸引の死亡事故はドクターの技術力の無さで起こる

腹部の脂肪吸引の際に、カニューレで腸管に穴を空けてしまうという事故は、技術のあるドクターの場合、ほとんど起こらないことです。

お腹の脂肪吸引は施術が難しく、それが理由で施術自体を行っていないクリニックもあります。

しかし、お腹の脂肪吸引を行っているクリニックであるならば、その施術がどれだけ危険を伴うものなのかを熟知していないといけないと思います。

技術力の伴ったドクターは仕上がりが大きく変わることはもちろん、こういった事故を防ぐことができます。

技術力のあるドクターというのは、患者様の身体になるべく負担がかからないように細心の注意を払って施術を行うため、死亡事故という最悪のケースを招くことはありません。

死亡事故を防ぐためには

死亡事故を防ぐためには、技術が伴ったドクターに施術をしてもらう以外に方法はありません。

この場合、脂肪吸引を得意にしている、もしくは特化しているクリニックだと、毎日のように脂肪吸引施術を行っている為、ドクターの技術もどんどん向上していき、死亡事故を起こすような施術をする可能性は少ないでしょう( ..)φ

このように、ドクター選びは最悪の結果を招く可能性を限りなく低くすることができるため、非常に重要な要素です。

脂肪吸引での死亡事故は裁判で勝てるの?

2009年、池袋の美容整形クリニックで脂肪吸引手術を受けた女性が死亡しました。

死亡の原因は、皮下脂肪に挿入したカニューレの先端の位置をきちんと確認せず、腹壁や腸を損傷させてしまったことです。

この施術を行ったドクターは、常務上過失致死罪で告訴され、2012年8月に禁錮1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決が確定しています。

wezzy|ウェジー

 頬、脹脛(ふくらはぎ)、太腿、尻、腹についた皮下脂肪を取りたい!体型にコンプレックスを感じ、不満を募らせている人は、古…

美容医療は自由診療とはいえ、有罪判決が確定することもあります。

脂肪吸引で死亡事故はなぜ防げなかったのか?

脂肪吸引で死亡事故はなぜ防げなかったのか?

脂肪吸引施術は美容整形の中でも、人気のある施術です。
当然、脂肪吸引をしている人口も、昔と比べて多くなりました。

気軽に脂肪吸引を受けられる現代、なぜ死亡事故は防げなかったのでしょうか?

ドクターの技術力のなさ

上記で紹介した死亡事故のケースは、お腹の脂肪吸引後に死亡してしまったものでした。

お腹の脂肪吸引は、脂肪吸引の中でも難しい部位とされており、そのためお腹の脂肪吸引施術を扱っていないクリニックもあることを上記でも少し触れました。

お腹は広範囲ですし、様々な臓器が集中している部位なので、施術を行う際は細心の注意を払って行わなければいけません。

施術を行う際に患者の身体をいたわり、細心の注意を払うことはもちろん、脂肪吸引術に卓越した技術を持つドクターが施術することで、死亡事故を防ぐことはできるでしょう。

死亡事故を防ぐにはドクターの技術力と患者の身体をいたわるマインドが大切なのです(゜_゜)

ドクターやクリニックの患者への配慮のなさ

支払いを済ませ、施術を終えたからといって、その後のアフターケアをないがしろにするクリニックやドクターは、死亡事故を引き起こす可能性があるのではないでしょうか。
例えば、実際に脂肪吸引後に死亡してしまった女性は体調不良をクリニックに訴えていたにも関わらず、適当な対応をされていません。

脂肪吸引後に強い腹痛や黒い嘔吐物が出るといった症状は、一般的な脂肪吸引ではありえないことです。

こうした患者の体調の変化に素早く対応することができない、もしくはする気がないクリニックは、死亡事故を起こす可能性は高くなると思いますし、死亡事故でなくても、何かしらの失敗を犯すリスクがあるでしょう。

脂肪吸引後はただでさえ、ダウンタイムで辛いのに、そういった患者の体調や心情を汲み取ることのできないクリニックやドクターは、ハッキリ言って美容クリニックとしてダメです。

脂肪吸引事故を防ぐためにはドクター選びが重要

死亡事故を防ぐためにもドクター選びは重要です。

必ず技術力のあるドクターに施術をしてもらいましょう!

ドクター選びで重要な要素は以下の通りです(´ー`)

  • 症例写真をたくさん挙げている
  • カウンセリングが丁寧
  • 無駄な施術を勧めてこない
  • 必要がないことはハッキリと言ってくれる

脂肪吸引を検討中の方はこの4つのことに注意してドクター選びを行いましょう♬

ドクター選びについては以下の記事をご参照ください(´▽`)

【ベイザー脂肪吸引のドクター選び】こんなドクターは気をつけろ!

脂肪吸引を安全に受けるためには

脂肪吸引を安全に受けるためには

脂肪吸引を安全に受けるためには、ドクター選びが重要なことがお分かり頂けたと思います( ..)φ

脂肪吸引は理想のスタイルを叶える手術です。

術後に後悔するような結果は、あってはならないことです。

安全に脂肪吸引を受けるためにも、事前にしっかりとリサーチし、妥協せずに納得のいくまでドクター選びを徹底しましょう。

また「脂肪吸引をする!」と強く決めている方は、脂肪吸引を専門に扱っている、もしくは特化したクリニックを選ぶことをオススメします。

脂肪吸引を専門にしているクリニックは、脂肪吸引術を熟知していますし、1つの分野に特化している分、技術力が伴っているドクターしかいないと思います。

脂肪吸引を安全に受けて、理想のスタイルを手に入れてください♬

施術結果重視の人向けのおすすめクリニック

  • モッズクリニック ※症例数がとにかく多くてブログで毎日公開。結果も確かでベスト症例だけ紹介していない感じがリアルで信頼できる。
  • THE CLINIC ※技術指導クリニックだけあってしっかりとケアしてくれる。術後の心配や相談などにも丁寧に対応してくれる印象。
  • 湘南美容クリニック ※知名度抜群。全国にクリニック拠点あり。それだけに脂肪吸引の症例数も多い。特に竹田先生の症例の変化はすごい。
脂肪吸引で起きた死亡事故とは?実態を調査しました。
最新情報をチェックしよう!