夏に脂肪吸引をするなら二の腕がオススメな理由

夏に脂肪吸引をするなら二の腕がオススメな理由

RIO
RIO

こんにちは!ベイザー脂肪吸引ラボのRIOです。

夏を感じる季節になってきましたね。

今は梅雨でじとじとしていますが、もうすぐ快晴の日々がやってきます。

夏といえば、よく女性の間では、

「夏までに痩せなくちゃ!」

なんて会話がされていますが、実際は夏が終わっても理想の体型を手に入れられないことも多いですよね。

特に、夏にノースリーブを着たい女性は多いのではないでしょうか。

夏に脂肪吸引するなら、ノースリーブを堂々と着こなすことが出来る「二の腕の脂肪吸引」がオススメです!

「もう7月なのに、今から脂肪吸引して間に合うの?」

という声が聞こえてきそうですね( ˘ω˘ )

この記事では、夏に脂肪吸引するなら二の腕がオススメの理由と、露出の多くなる8月までに腕を出すファッションが楽しめるようになるのか、詳しく紹介していきます!

夏に二の腕の脂肪吸引がオススメの理由

夏に二の腕の脂肪吸引がオススメの理由

ここでは、まず私が夏に二の腕の脂肪吸引をオススメする理由を紹介していきます。

流行りのファッションを着こなせる

夏は暑い季節なので、必然的に露出が増える服装になりますよね。

その際に肩のラインがすっきりしていると、他の人と差をつけることが出来ます。

今年は透け感のあるシャツや上半身にフィットした形のサマーニットが流行っているので、そういったファッションも二の腕が細くなることで一段と楽しめます。

長期休暇が取りやすい

夏は夏季休暇があるので、それに合わせて脂肪吸引をすることも出来ます。

脂肪吸引をしてから術後3日間はなるべく長い時間、圧迫固定をした方が、むくみや内出血を最小限に抑えられます。

休みに合わせて脂肪吸引をするというのも、夏に脂肪吸引をするメリットの1つです。

圧迫固定をしても蒸れにくい

下半身の脂肪吸引の場合、圧迫固定をする際に固定する範囲は広くなるため、その分蒸れやすくなります。

二の腕の脂肪吸引の場合、最初の3日〜1週間圧迫固定を続ければ、その後は家にいる間だけの圧迫で十分なので、夏でも比較的楽にダウンタイムを過ごすことが出来ます。

二の腕の脂肪吸引は、圧迫固定をする範囲もそこまで広くないため、夏でも他の部位と比べて圧迫固定が暑苦しく感じることも少ないです。

こんな方には特にオススメ!

こんな方には特にオススメ!

二の腕の脂肪吸引はどんな方にオススメなのでしょうか?

私が思う「こんな方には特にオススメ!」をまとめてみました。

腕を隠すような服ばかり着ている

女性の中には「二の腕が太くてノースリーブを着ることが出来ない」という方が多い印象です。

私も脂肪吸引をする数年前までは、二の腕を露出する服装は避けていました。

二の腕が太いことがコンプレックスの方は、とにかく腕が隠れるような服装を好む傾向にあると思います。

例えば、ワンピースの上からカーディガン、カットソーの上にシャツを羽織るなど、とにかく腕を露出しないための工夫をしています。

ですが、ノースリーブを堂々と着こなせる女性にはやはり憧れるものですよね٩( ‘ω’ )و

脂肪吸引をすれば、確実に細くなれるため、今まで躊躇っていた二の腕の露出ができて、ファッションも楽しめるようになります。

長年コンプレックスを抱えている

二の腕が太いことで悩んでいる方というのは、あらゆるダイエットをしても二の腕だけが細くならなかったという方が多いと思います。

そのことから、長年二の腕が太いことがコンプレックスだという女性は沢山いるでしょう。

自分にコンプレックスを抱えて生きるのは、精神面で良い影響を与えません。

どうせ1度きりの人生なら、早急にコンプレックスを解消し、毎日明るく前向きに生きていきたいですよね(´∇`)

今年こそは堂々と露出したいと考えている

長年二の腕がコンプレックスの方の中には、

「今年こそは堂々と露出したい!」

と思っている方も多いと思います。

しかし、上記でも記載した通り、ダイエットをいくら頑張っても二の腕だけはなかなか細くならない場合もあります。

その点、脂肪吸引ならピンポイントで脂肪を吸引出来るため、確実な痩身効果を得られます。

もう7月・・・今から脂肪吸引して夏に間に合う?

もう7月・・・今から脂肪吸引して夏に間に合う?

「夏に脂肪吸引をやるなら二の腕がオススメな理由は分かった。だけどもう今年も7月に入った。本当に夏の間に露出できるようになるの?」

という疑問があると思います。

ここでは、その疑問を解決していきます。

それでは見ていきましょう!

効果をすぐに実感する人も多い

脂肪吸引は術後のむくみや腫れさえ引いてしまえば、すぐに効果を実感する人もいます。

むくみや腫れがある程度落ち着くのは、術後2週間が経過してからです。

内出血も、術後2週間ほどでほとんど目立たなくなります。

今、7月中に二の腕の脂肪吸引をすれば、夏が本格的に始まる8月や腕の露出が多い9月までには、細い二の腕を手に入れることが出来ます。

つまり、7月中に脂肪吸引をすれば、2週間ほどで二の腕が露出できる可能性があるのです!これなら夏の時期をノースリーブで過ごせますよね(゚▽゚)

脂肪吸引は約1ヶ月でほぼ完成する

脂肪吸引の完成は、術後半年ほどかかります。

ですが、術後のダウンタイムに起こる、痛みや内出血、腫れ、むくみ、拘縮のうち、拘縮以外の症状はどんなに長くても術後1ヶ月で治ることがほとんどです。

拘縮に関しては術後3ヶ月〜半年ほどかけて完治していきます。

二の腕の脂肪吸引の場合、拘縮は主に振袖の部分に多く起こります。

拘縮は見た目がボコボコした感じになりますが、腕を閉じた状態や、腕を大きく動かしたりしない限り、目立つことはありません。

想像して頂けると分かると思いますが、少しオシャレして出かける時って、そんなに腕を使うような動作をしないですよね( ˘ω˘ )

ノースリーブを着た場合でも、普通に日常生活を送る上では問題ありません。

細い二の腕で夏を満喫しよう

細い二の腕で夏を満喫しよう

細い二の腕は女性の永遠の憧れですよね。

特に暑くなり、露出が増えるとノースリーブを堂々と着こなせる女性に憧れを抱くものです。

特に長年二の腕が太いことにコンプレックスを抱いている人にとって、細い二の腕で夏を満喫出来るのは、夢ですよね(゚▽゚)

しかし、二の腕というのはピンポイントで痩せることが難しい部位です。

ですが脂肪吸引なら確実に細くなることが出来ます。

7月中に脂肪吸引をすれば、1番暑くなる8月や露出が比較的多い9月を細い二の腕で過ごせます。

RIO
RIO
今年の夏こそは二の腕をすっきりさせて、堂々とノースリーブを着たいという方は、脂肪吸引を視野に入れてみてください(゚▽゚)

ダウンタイムの短さで選ぶ人向けのおすすめクリニック

  • モッズクリニック ※ダウンタイムに対するケアに熱心なクリニック。麻酔液の絞り出しや翌日縫合はダウンタイム軽減にかなり効果あり。
  • 湘南美容クリニック ※全国にクリニック拠点があることで、それだけ術後での対応が早くて安心。
  • THE CLINIC ※技術指導クリニックだけあってしっかりとケアしてくれる。術後の心配や相談などにも丁寧に対応してくれる印象。
夏に脂肪吸引をするなら二の腕がオススメな理由
最新情報をチェックしよう!