二重顎はベイザー脂肪吸引で消える!?症例をご紹介♬

二重顎はベイザー脂肪吸引で消える!?症例をご紹介♬

二重顎はベイザー脂肪吸引で消える!?症例をご紹介♬

こんにちは、RIOです。

いま、二重顎はベイザー脂肪吸引で消えるのかについて詳しく執筆中です✒症例写真を用いて紹介するので、気になる方は出来上がったらぜひご一読を😉✨

以前このようなツイートをしました。

女性ならみんなが気になるであろう脂肪…

それは二重顎!

二重顎になるだけで、顔が大きく見えて、どんな服を着ても似合わなくなってしまいます。

特に二重顎のままタートルネックなんて着たら、首が短く見えてしまい、一気に垢抜けない印象になってしまいます…(>_<)

そこで今回は、二重顎はベイザー脂肪吸引で消えるのかについて症例写真を交えて紹介していきたいと思います(´▽`)

ベイザー脂肪吸引で二重顎は解消する?

ベイザー脂肪吸引で二重顎は解消する?

結論から言うと、二重顎はベイザー脂肪吸引で解消します!

顔の脂肪吸引は、脂肪吸引の中でも人気の部位で、顎下をがっつり吸引すれば二重顎を解消することができます。

顎下の脂肪が無くなるだけで、シャープなフェイスラインになり、小顔になることができます。

顔が大きくて悩んでいる方は、まず顎下の脂肪吸引をして、二重顎を解消することをオススメします♪

二重顎を解消するための施術

二重顎を解消するための施術にはどういったものがあるのでしょうか?

二重顎がコンプレックスの方はぜひ施術を検討してみてください😉

顎下の脂肪吸引

上記でも説明した通り、顎下の脂肪吸引をすると二重顎を解消することが出来ます。

顎下の脂肪を限界ギリギリまで吸引するため、顎のもたつきがなくなり、スッキリしたフェイスラインを手に入れることができます。

二重顎を解消したい場合、まず最初にするべき施術ですね😌

さらに効果を感じたければ糸リフト

「二重顎を解消してさらに小顔効果を出したい!」

という方には糸リフトがオススメです。
糸リフトは様々なタイプがありますが、私がオススメしたいのは溶ける糸を用いた糸リフトです。

溶けない場合の糸リフトは、美肌レーザーが当てられないなどのデメリットがあります。

コスパがいいのは溶けないタイプの糸リフトですが、これからアンチエイジングとして美肌レーザーを検討している方は、溶けるタイプの糸リフトをオススメします(´▽`)

二重顎の脂肪吸引の症例写真

ここでは実際にベイザー脂肪吸引で二重顎を解消された方達の症例写真を紹介していきます♪

二重顎の脂肪吸引の症例写真

出典元:ベイザー脂肪吸引 顎下|福田越の痩身・脂肪吸引ブログ

顎下がかなりすっきりしているのが分かりますね!

術前と比べて、顎下のもたつきが一切なくなり、すっきりしたフェイスラインに仕上がっています。

二重顎の脂肪吸引の症例写真

出典元:【公式】モッズクリニック症例ブログ

こちらの女性も、顎下がすっきりし、二重顎がすっかり解消されていることが分かります。

顎がつんと尖っていて、美しいフェイスラインを形成できています。

二重顎の脂肪吸引の症例写真

出典元:脂肪吸引「フェイスライン・あご下」の症例写真|聖心美容クリニック名古屋院

顎下がシャープになり、別人のような輪郭になっています。

顎下の脂肪がなくなるだけで顔の印象が華やかになります。

二重顎を脂肪吸引するとどんな症状が起こる?

二重顎を脂肪吸引するとどんな症状が起こる?

二重顎を脂肪吸引すると必ず起こる症状があります。

それは、脂肪吸引を受ける場合、どこの部位でも共通して起こる症状です(´ー`)

痛み

まず、脂肪吸引をすると、麻酔が切れた後に必ず痛みの症状が出ます。

顔の脂肪吸引の場合、吸引範囲が狭いため、あまり強い痛みは出ません。

しかし、術後3日間ほどが痛みのピークなので、その間は強い筋肉痛に似た痛みが出ます。

それを過ぎると、徐々に痛みは引いていき、術後1週間~2週間ほどで完全に痛みは無くなります。

腫れ

術後、吸引患部に腫れの症状が起こります。

腫れのピークは痛みと同じ術後3日間で、それを過ぎると徐々に引いていきます。

顔の場合は吸引範囲が広くないため、他の部位と比べると腫れは少ないです。

内出血

脂肪吸引の術後は、必ず内出血が出ます。

脂肪吸引をする際に使用するカニューレが少なからず細胞や血管にダメージを与えてしまうためです。

顔の場合は、内出血が少ないですが、完全になくなるまでには術後2週間ほどかかります。

むくみ

脂肪吸引後の身体は血液の循環が滞ることから、むくみやすい体質になります。

顔の場合も術後数日間はいつもよりも、顔がむくみやすく効果を感じにくいかもしれませんが、術後2週間が経過すると、むくみの症状が落ち着いてきます。

早い人では術後すぐに、以前よりも顔が小さくなったことを実感できる人もいます。

拘縮

拘縮は皮膚がボコボコしたり、突っ張った感じがすることを指します。

術後2週間程経過した頃に現れ始め、完治するのに術後3ヶ月~半年ほどかかります。

拘縮は、脂肪がなくなって空洞になった箇所にコラーゲンが増殖することで起こります。

身体がダメージを受けた箇所を回復させようとして起こる自然な症状なので、過度な心配は要りませんよ♪

二重顎のダウンタイムの期間は?

施術当日はもちろん腫れますが、その後術後3日ほど経つと腫れが落ち着いてきて大きめのマスクをすれば問題なく外出することが出来ます。

早い人は術後1週間で明らかな変化を感じることが出来て、術後2週間が経つ頃には、むくみや内出血の症状も落ち着いてきて、いつも通りの生活を送ることができます。

しっかりとした効果を感じるのはむくみが完全に引いた術後1ヶ月が経過したころです。

この頃になると、顔が小さくなったのが目に見えて分かるようになります。

外に出れるまでにどれくらいかかる?

外に出れるまでにどれくらいかかる?

二重顎の脂肪吸引は吸引範囲も狭いため、そこまで顔がパンパンになることはありません。

もちろん施術当日は腫れますが、クリニックによっては翌日から仕事復帰出来るほどダウンタイムを軽く短くする取り組みを行っているところもあるほどです。

術後3日経つと、腫れや痛みのピークは徐々に治まってきますので、大きめのマスクやタートルネックを着れば問題なく外出することが出来ます。

マスクをせずに外出できるようになるまでは術後1週間は見ておいた方がいいでしょう。

二重顎の脂肪吸引の完成はいつになる?

二重顎の完成は拘縮が治まってくる術後3ヶ月~半年になります。

しかし、顎下の脂肪吸引の場合、拘縮の症状が周囲にバレにくいので、術後1ヶ月が経つ頃には目に見えた変化を実感することが出来ます。

脂肪吸引の完成はどんな部位もそうですが、術後半年を目安に施術を行うといいでしょう。

二重顎を解消して美しいフェイスラインを手に入れよう

二重顎を解消して美しいフェイスラインを手に入れよう

顎下の脂肪って本当に要らないですよね(>_<)

「二重顎さえ無くなれば垢抜けることが出来るのに…!」

そう思っている方も多いはずです。

二重顎は脂肪吸引をすることで解消できることがよく分かって頂けたと思います。

二重顎をコンプレックスに感じている方、自力ではなかなか二重顎を解消できないという方は、脂肪吸引がオススメです(^▽^)

「顔の脂肪吸引は数日間はパンパンに腫れそう…」

と、思っている方もいると思いますが、今はなるべくダウンタイムを短く軽くする取り組みを行っているクリニックも存在するため、ダウンタイムが心配な方はそういったクリニックで施術を受けるのもオススメです。

RIO
RIO
二重顎を解消して美しいフェイスラインを手に入れましょう(´▽`)
合わせて読みたい記事

こんにちは、RIOです。 こちらのツイートで予告していた記事が書きあがったので公開します! ただいま顔の脂肪吸引の名医を徹底リサーチ中♪ 顔の脂肪吸引って絶対失敗したくないけど、意外と症例を出している先生が少ないです。。。 […]

【RIO認定】顔の脂肪吸引の名医5人選んでみました!

顔の脂肪吸引がオススメのクリニック

  • モッズクリニック ※症例数がとにかく多くてブログで毎日公開。翌日縫合で腫れや内出血が少なく、施術した次の日から仕事にいける。
  • THE CLINIC ※技術指導クリニックだけあって技術が高くて、顔の脂肪吸引症例も多い。術後の相談にも丁寧に対応してくれる印象。
  • 湘南美容クリニック ※知名度抜群で全国にクリニック拠点あり。顔の脂肪吸引の症例数も当然多い。特に竹田先生の症例の変化はすごい。
二重顎はベイザー脂肪吸引で消える!?症例をご紹介♬
最新情報をチェックしよう!