お腹の脂肪吸引の名医を5人選んでみました!

お腹の脂肪吸引の名医を5人選んでみました!

こんにちは、RIOです。

お腹の脂肪吸引を検討されている方はいますか?ドクター選びを一からするとなると結構大変ですよね(>_<)そこで今お腹の脂肪吸引の名医を厳選して紹介するブログを執筆中です✒出来上がったらぜひご一読を😉

以前このようなツイートをしました。

これからどんどん暖かい気候になり、薄着になっていきますね。

薄着になるということは身体のラインが分かりやすくなるため、ウエストのラインを何とかしたいと思っている方も多いと思います。

しかし、腹部というのは自力ではなかなか痩せにくい部位であり、どうしても細くなりたい場合は脂肪吸引という手段を選ぶ方もいると思います。

お腹の脂肪吸引の中でも特にドクターの技術力によって仕上がりが大きく異なるため、ドクター選びを慎重に行わなければいけません。

そこで今回は、脂肪吸引を経験した私が厳選した名医5人を紹介します!

このブログをドクター選びの参考にしてみてくださいね(´▽`)

お腹の脂肪吸引の名医の条件とは?

お腹の脂肪吸引の名医の条件とは?

お腹の脂肪吸引の名医の条件には何があるのでしょうか。

これからお腹の脂肪吸引をするにあたって、絶対に知っておきたいことですよね( ˘ω˘ )

症例の数

まず、症例の数が多いことが絶対条件です。

症例の数が多いということは、それだけ沢山脂肪吸引の経験があるということです。

症例の数が多い=沢山の人の施術をしているということになるため、技術力もそれだけ期待できます。

逆に、美容外科医としての経験がある割に、脂肪吸引の症例数が少ない場合は注意しましょう。

症例の質

症例は数だけではなく、質がいいことも大切です。

ビフォーアフターを見比べた時にきちんと変化のある症例だと、脂肪吸引をやる意味が生まれますよね。

逆にビフォーアフターであまり変化のない症例だと、大きな変化を望めないと思います。

ビフォーアフターであまり変化のない先生は避けるべきでしょう。

症例のバリエーション

症例の数と質に加えて重要なのが、症例のバリエーションが豊富なことです。

ここで言うバリエーションは、色んな体型の人の脂肪吸引を経験しているか?ということです。

人は骨格や脂肪のつき方が異なります。

幼児体型が気になる、ぽっこりお腹が気になるなど、脂肪吸引を受ける人にも色んなタイプの体型の人がいますよね。

そこで「どんな体型の人でも変化しているかどうか」も大切なポイントになります。

今まで沢山の症例を見てきて、上手な先生は元々細い人でもしっかりとくびれを形成している印象があります。

また、症例のバリエーションが豊富だと自分の体型と近い人のビフォーアフターを見ることもできるため、参考になりますよね(´∇`)

お腹の症例を見る時のポイント

お腹の症例を見る時のポイント

「そもそも症例の質とかちょっとよく分からないんだけど…」

という方も中にはいるはずです。

では、お腹の脂肪吸引の症例を見る時のポイントを早速見ていきましょう!

くびれがきちんと形成されているか

お腹の脂肪吸引をするからには、女性らしいくびれがほしいものですよね。

腕の良いドクターの場合、「どこの脂肪をどれくらい吸引すれば綺麗なくびれが出来るのか」を熟知しています。

術前と比べて明らかにウエスト周りがすっきりし、くびれが出来ていたら質のいい症例といっていいでしょう。

傷跡が目立たない位置にあるか

お腹の脂肪吸引の場合、目立つ位置に傷跡が出来てしまっては、いざ露出する機会に100%自信を持てなくなってしまいます。

自分に自信を持って好きなファッションを楽しめてこそ、脂肪吸引。そこまで考えて、目立たない位置に傷跡を作ってくれるドクターは信頼できます。

北條誠至先生(モッズクリニック)

北條誠至先生(モッズクリニック)

消化器外科医として大腸がんをはじめとする難易度の高い手術を手掛け、その後乳がんの診療に携わることで女性のボディラインへの強い思いを感じたことをきっかけに美容外科医に転身。

数多くの症例を自身のブログで発信している信頼のできるドクターです。

北條先生の経歴

1980年 東京都生まれ
2006年 東京慈恵会医科大学医学部 卒業 厚木市立病院 入職
2008年 東京慈恵会医科大学 入職
2019年 Mods Clinic 入職

北條先生の症例

北條先生の症例

出典元:https://www.mods-clinic.com/blog_hojo/detail.php?id=17951

北條先生の症例

出典元:https://www.mods-clinic.com/blog_hojo/detail.php?id=15456

https://www.mods-clinic.com/blog_hojo/detail.php?id=17010

出典元:https://www.mods-clinic.com/blog_hojo/detail.php?id=17010

北條先生の二の腕の症例写真を紹介します。
ビフォーアフターで見比べた時に、しっかり細くなっていることが分かりますね(*’▽’)

千葉明彦先生(THE CLINIC)

千葉明彦先生(THE CLINIC)

神奈川県立がんセンター乳腺内分泌外科の医長に就任した経歴をもつ元乳腺専門医。乳房の摘出手術で女性の悲しむ姿を多く見てきた経験から、「美しさを提供して悲しむ女性を救いたい」という思いが高まり、美容外科の世界に足を踏み入れる。
抜群の手術センスと丁寧なカウンセリングを行う姿勢が多くのリピーターを掴んでいる。

千葉先生の経歴

1966年 神奈川県生まれ
1995年 長崎大学医学部 卒業
1997年 横浜市立大学付属病院 第一外科 入職
2001年 神奈川県立がんセンター 乳腺甲状腺外科 入職
2005年 神奈川県立がんセンター 乳腺内分泌外科 医長 就任
2011年 THE CLINIC 副院長 就任
2014年 THE CLINIC 横浜院院長 就任
2017年 THE CLINIC 技術指導医 就任

千葉先生の症例

千葉先生の症例

出典元:https://www.theclinic-chiba.net/2016/09/13/%e8%83%b8%e4%b8%8b%e3%81%8b%e3%82%89%e8%85%b9%e9%83%a8%e3%81%ae%e8%84%82%e8%82%aa%e5%90%b8%e5%bc%95/

千葉先生の症例

出典元:
https://www.theclinic-chiba.net/2016/04/27/%e8%85%b9%e9%83%a8%e3%81%ae%e8%84%82%e8%82%aa%e5%90%b8%e5%bc%95/

千葉先生の症例

出典元:
https://www.theclinic-chiba.net/2016/09/13/%e8%83%b8%e4%b8%8b%e3%81%8b%e3%82%89%e8%85%b9%e9%83%a8%e3%81%ae%e8%84%82%e8%82%aa%e5%90%b8%e5%bc%95/

千葉先生のお腹の症例写真を紹介します。

ウエストのくびれがしっかり形成され、下腹部の脂肪もすっきりし別人のようなお腹になっています。

志田雅明先生(THE CLINIC)

志田雅明先生(THE CLINIC)

乳腺外来に携わっていたこともあり、乳がんを患う数多くの女性に出会ったkもとから女性にとって美容がいかに大きいかということを痛感。
技術、手段、アイデアを駆使しベストな施術を行っているドクター。

志田先生の経歴

1981年 兵庫県生まれ 奈良県育ち
2001年 佐賀医科大学入学
2007年 佐賀大学医学部医学科卒業
2009年 初期臨床研修終了後 佐賀大学 一般・消化器外科 入局
佐賀県医療センター好生館、佐賀大学医学部付属病院などで外科医として修練
2013年 佐賀大学医学部医学科大学院 入学
2015年 佐賀大学医学部医学科 博士課程早期卒業 医学博士取得
2016年 独立行政法人国立病院機構 東佐賀病院 外科医長
2017年 THE CLINIC 入職
2018年 THE CLINIC 福岡院院長 就任

志田先生の症例

志田先生の症例

出典元:https://www.theclinic-shida.net/abdmen-abdominal-liposuction-vaser/

志田先生の症例

出典元:https://www.theclinic-shida.net/vaser-liposuction-abdominal-waist/

志田先生の症例

出典元:https://www.theclinic-shida.net/abdomen-vaser-liposuction-waist/

志田先生のお腹の症例写真を紹介します。

下腹部のぽっこり感が解消され、全体的にすっきりしたお腹に変化しているのが分かります。

ビフォーアフターで大幅なサイズダウンをしているのが分かります。

川端久雅(雅美容外科)

川端久雅(雅美容外科)

他の美容業界にある安易に分院展開を行うことをせず「病院名ではなく医者で選ぶ」ことを重視しているドクター。

患者さんとの関わりを何よりも重視し、地域に密着し厚い信頼を寄せている。

川端先生の経歴

平成16年 国立浜松医科大学卒業
平成16年~平成18年 市中病院、大学病院にて形成外科診療
平成18年6月~平成21年3月 大手美容外科入職、福岡院長、西日本7院統括責任者
平成21年9月~ 美容整形クリニック大阪院 開設
平成22年11月~ 大阪雅美容外科 開設

川端先生の症例

川端先生の症例

出典元:https://www.osaka-miyabi.com/case/detail.php?no=Mjg=

川端先生の症例

出典元:https://www.osaka-miyabi.com/case/detail.php?no=MjQ=

川端先生の症例

出典元:https://www.osaka-miyabi.com/case/detail.php?no=MTQ5

川端先生のお腹の症例写真を紹介します。

術前と比べて大幅にサイズダウンしているのが分かります。

くびれがしっかり形成されていて、下腹部のぽっちゃり感も綺麗に解消されています。

長野寛史先生(モッズクリニック)

長野寛史先生(モッズクリニック)

若くしてボディデザインにおける芸術と形成外科の融合であるVASER Sculpt、コンデンスリッチファットの療法の認定知識を取得。
脂肪吸引・注入分野において圧倒的な症例数を誇る。
綺麗になるための手術以外はしないのがモットー。

長野先生の経歴

1982年 岩手県生まれ
2006年 東京慈恵会医科大学医学部 卒業 亀田総合病院 入職
2008年 東京慈恵会医科大学 入職
2012年 THE CLINIC 入職
2013年 THE CLINIC 福岡院院長 就任
2015年 THE CLINIC 東京院院長 就任
2016年 Mods Clinic 開院

長野先生の症例

長野先生の症例

出典元:https://www.mods-clinic.com/blog/detail.php?id=16560

長野先生の症例

出典元:https://www.mods-clinic.com/blog/detail.php?id=14407

長野先生の症例

出典元:https://www.mods-clinic.com/blog/detail.php?id=12958

長野先生のお腹の症例写真を紹介します。

術前と比べてしっかりと変化のある症例ですね。

下腹部のぽっこり感がなくなったのはもちろん、くびれがしっかりと出来ています。

術後は別人のようなウエストのラインになっています。

お腹の脂肪吸引に技術力は絶対!

お腹の脂肪吸引に技術力は絶対!

お腹の脂肪吸引は人気な反面、広範囲の吸引が必要になるので、取りムラや取り残しなどのトラブルが多発しています。

そのため、綺麗なウエストラインを手に入れるには、ドクターの技術力をより重視する必要があります。

理想通りのウエストのラインを手に入れるためには、事前にしっかりと情報収集することが重要です。

まずはWEB上で症例の数が豊富なこと、ビフォーアフターでしっかり変化があることをしっかり見ておく必要があります。

きちんと吟味した後は、ドクターの人柄を知るためにもカウンセリングに足を運んでみましょう。

自分が心から施術をお願いしたいと思えるドクターに手術を任せましょう。

RIO
RIO
お腹の脂肪吸引を検討している方は、ぜひこの記事を参考にドクター選びをして下さいね♪

施術結果重視の人向けのおすすめクリニック

  • モッズクリニック ※症例数がとにかく多くてブログで毎日公開。結果も確かでベスト症例だけ紹介していない感じがリアルで信頼できる。
  • THE CLINIC ※技術指導クリニックだけあってしっかりとケアしてくれる。術後の心配や相談などにも丁寧に対応してくれる印象。
  • 湘南美容クリニック ※知名度抜群。全国にクリニック拠点あり。それだけに脂肪吸引の症例数も多い。特に竹田先生の症例の変化はすごい。
お腹の脂肪吸引の名医を5人選んでみました!
最新情報をチェックしよう!